カルバマゼピン作用機序.com

カルバマゼピンはテグレトールの成分です。てんかんは小児に多い疾患となっていますので、早い段階で治療されるとよろしいです。当サイトではカルバマゼピンについて詳しくお伝えしていきます。

カルバマゼピン作用機序とは

カルバマゼピンの作用機序は非常に簡単に説明できます。
基本的にカルバマゼピンは抗てんかん薬として利用されていますので、当然脳の異常に対して働くこととなります。
てんかんという疾患は脳の損傷などが原因となって生じますのでそれに対する効果が期待される薬と言えます。
カルバマゼピンは、脳神経や末梢神経に存在しているNaチャネルに対しての抵抗性を示し、遮断します。
それによってイオンチャネルのタンパク質の脳内移動が過活動になった状態を防ぐ事で薬効を発揮します。
脳に対して効果を発揮する事でてんかんによって生じる意識消失などの大部分発作、精神運動発作といった症状は勿論、てんかんによって生じる精神疾患様の症状に対しても効果を発揮します。
またてんかん以外にも効果があります。神経疾患である三叉神経痛にも効果があるとされていますし、双極性障害の中の躁状態を改善する効果があります。
またBPSDと呼ばれるアルツハイマー型認知症などで見られる周辺症状の症状緩和といった精神疾患ではない疾患に対しても効能があります。
勿論、安易に薬を服用するべきではありません。実際、カルバマゼピンには多くの副作用があり、向精神病薬の中で生じた場合に一番危険度が高いショック症状や悪性症候群といった物を引き起こす可能性があります。また、抗てんかん薬によく見られる倦怠感や眠気などがあり、活動に対して障害が生じる可能性も否めません。そうした症状が出ないように、投薬管理が必要となるので、必ず自己判断で服用を開始したり停止しないようにしましょう。また、薬価が高い薬ではありますが、投薬開始してから一定期間は医師の処方にもとづいた利用とするべきといえるでしょう。

■治療薬の作用機序を知りましょう
テグレトールがてんかんに効果を与える理由