カルバマゼピンはテグレトールの成分です。てんかんは小児に多い疾患となっていますので、早い段階で治療されるとよろしいです。当サイトではカルバマゼピンについて詳しくお伝えしていきます。

カルバマゼピンによる気絶の予防効果と画像診断

カルバマゼピンは脳神経の興奮をしずめることでてんかん発作を予防することができる薬で、特に気絶などを伴うような発作に対する効果が強いとされています。
カルバマゼピンは気絶などの予防には効果がありますが、手足が小さく痙攣をしたり、力が抜けて転倒するような発作に対しては効果がないとされています。
脳の画像診断などをすることで、てんかんなどの脳の病気を発見することが出来るのですが、カルバマゼピンは躁うつ病にも効果があるので、興奮状態になりやすい患者に対しては画像などによる検査結果が出なくても処方をして症状を予防します。
気絶は脳が興奮状態になって不安や緊張が高まった時に起きるのでカルバマゼピンを服用することで気絶が起きにくくなります。
最近では躁うつ病なども画像による解析によって診断ができるようになっていて、世界的にも画像診断が行われています。
カルバマゼピンは歴史の長い薬なので副作用や効果に対するデータが多くあるので安心して服用することができる数少ない薬として現在でも多くの脳神経外科などで処方されています。
この薬は脳に作用するので自分の判断によって中止してしまうと反動で重い発作が起きる可能性があるので、規則正しく服用をして医師の指導に基づいて減薬や中止をしなければなりません。
この薬を服用することで蕁麻疹のような発疹ができることがあるのですが、ほとんどの場合は軽い副作用なので問題がないとされていますが、重い皮膚障害や全身に激しい過敏症状が起きた場合には医療機関に連絡をして適切な治療をする必要があります。
カルバマゼピンは基本的には安全性が非常に高い薬とされているので、皮膚障害以外の副作用はほとんど見られませんが、眠気や立ちくらみなどが起きることもあるので、自動車の運転をする場合には注意が必要です。