カルバマゼピンはテグレトールの成分です。てんかんは小児に多い疾患となっていますので、早い段階で治療されるとよろしいです。当サイトではカルバマゼピンについて詳しくお伝えしていきます。

カルバマゼピン作用機序.comの2016年1月記事一覧

  • カルバマゼピンの使用で注意すること

    カルバマゼピンとは、抗てんかん薬の一種です。 薬としての効果は、脳神経や末梢の神経にあるタンパク質の輸送に関連している組織、イオンチャネルのNaチャネルの働きを阻害することで、活動電位の立ち上がりを抑え、てんかんにてよく…続きを読む