カルバマゼピンはテグレトールの成分です。てんかんは小児に多い疾患となっていますので、早い段階で治療されるとよろしいです。当サイトではカルバマゼピンについて詳しくお伝えしていきます。

カルバマゼピン作用機序.comの2016年2月記事一覧

  • カルバマゼピンを含んでいる薬の種類

    てんかんの発作は、大脳の神経細胞の過剰な電気的な興奮と、そこでのシグナルが広がることよって起こることが知られています。 通常、大脳の神経細胞は決められたリズムで活動をしていますが、何らか原因によりここに乱れが生じると、て…続きを読む